おすすめ写真スタジオ、フォトスタジオ

写真スタジオ

写真スタジオ、フォトスタジオ選びのコツ

写真スタジオの選び方 モデル

撮影は人と人との関わりで仕上げていくアナログな作業が大半をしめています。会話をしながら、アイコンタクトを送り、時には指でアドバイスすることもあります。このように人と人との” 繋がりを通して心のこもった良い写真が仕上がる ”のです。そんな腕のいいカメラマンを見つける方法をご紹介ます。

ここを見ればすぐわかる

写真の良し悪しを確認したければ「写真スタジオ」のWEBサイトに掲載されている「作品写真」を見ることでレベルが分かります。もし十分な写真が掲載されていなければ” どう撮られるかは不明 ”でお勧めできる状態にはありません。掲載写真はもちろん実際に来店したユーザーの写真であるこよが大切です。なぜなら「仕込んだモデルの写真」、購入した写真、著作得フリーの無料写真のケースが少なからずあるからです。

本来のユーザーかどうかを見分ける方法は「写真の点数」です。写真スタジオを運営しているなら50名以上、100点以上の写真が無理なく掲載できます。オリジナルのダンサー写真が充実
また撮影ステップ、保証、クーポン割引、接客等の写真の仕上がりと直接関係ない解説が多い場合も良い写真を期待するのは早計といえます。また料金体系が複雑でトータル金額が不明瞭なケースもやめた方が無難です。

まず、作品写真を見る「良い写真が多い」と確認してから他の項目や料金の確認をすると良いでしょう。

ヘアメイク

メイクアップ

写真スタジオにヘアメイクサービスがあるのなら利用すると良いでしょう。

撮影時の照明は通常の光よりも強くするのが一般的です。なぜなら「しみ・そばかす、赤ら顔、ひげ」等を隠すために通常より厚めのファンデーションを塗るからです。その厚めのファンデーションを強い光を使用してちょうどよくナチュラルに見せます。

これは女性だけではなく男性にも当てはまりますので、メイクしたのちにしっかりと照明を当て「自然で、美しい素肌感覚」を手に入れましょう。

修正

写真修正 レタッチ

基本的に修正しないことをお勧めしますが適度な修正がイメージを良くすることは事実です。

既に一般的になっている画像修正ですが節度を持って行うことが肝心です。それは別人現象と言うか、修正のやりすぎで本人と違った人物を作り上げてしまうことがあるからです。あくまで” 修正とは印象を良くすることであって「見た目を変える」ことではない ”のです。

どうしてもやりたい場合は最小限に留めましょう。

  • 肌を綺麗にするのはOK
    実際ケアすればキレイになる為
  • 口角を上げるのはOK
    上手になればキレイに上げられるようになる
  • 目を大きくするのはNG
  • 頬の肉を削るのはNG
  • 顔を小さくするのはNG
  • 体を細くするのはNG

写真スタジオ、フォトスタジオのまとめ

おおむね沢山の利用者の写真が掲載されている写真スタジオは信頼度が高いと思います。その中に” 好きなプロフィール写真がれば決め手となる ”でしょう。

法外な金額を払うことはありませんが、安さを歌う写真スタジオで品質の高い写真は撮れないと考えると良いでしょう。